九份

地理位置 
九份(きゅうふん、ジォウフェン)は、台湾北部の港町基隆市の近郊、新北市瑞芳区に位置する山あいの町である。
九份という地名の由来はいくつかある。

  • 台湾語では一般的に「九份」とは「開墾した土地の持分を9人で分けたもの」の意。
  • 清朝初期に9世帯しかなく物を買うときにいつも「9つ分」と言っていたことから、ともいう。
  • 台北市から30キロ、台北市からの日帰りが可能です。

25.108179,121.843958

 

 

 

 

 

 

 

 

歷史
金鉱の町
その昔、九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し、日本統治時代に藤田組によりその最盛期を迎えた。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたものであり、酒家(料理店)などの建物が多数残されている。
しかし、第二次世界大戦後に金の採掘量が減り、1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退し、一時人々から忘れ去られた存在となっていた。
観光地化
1989年、それまでタブー視されてきた二・二八事件を正面から取り上げ、台湾で空前のヒットとなった映画『悲情城市(A City of Sadness)』(侯孝賢監督)のロケ地となったことにより、九份は再び脚光を浴びるようになる。映画を通じて、時間が止まったようなノスタルジックな風景に魅せられた若者を中心に多くの人々が九份を訪れ、メディアにも取り上げられるなど、台湾では1990年代初頭に九份ブームが起こった。
ブームを受け、町おこしとして観光化に取り組んだ結果、現在では街路(基山街など)に「悲情城市」の名前を付けたレトロ調で洒落た喫茶店や茶藝館(ちゃげいかん)、みやげ物屋などが建ち並び、週末には台北などから訪れる多くの人々で賑わっている。
また、世界の旅行ガイドブック(台北付近)にも多数紹介されており、今では台湾を代表する観光地のひとつとして定着している。
宮崎駿のアニメ『千と千尋の神隠し』のモデルになったという噂もあり、日本の観光客への知名度が高まったが、ジブリ・宮崎により公式に否定されている

 

 

見どころ
一度は行きたい!「千と千尋の神隠し」モデル地の台湾「九份」の魅力
台湾は、親日の人も多くて身近な海外旅行に最適です。その台湾の中でも、特に日本人に人気になっている場所が「九份」です。「千と千尋」のモデルになったと噂されていて、多くの日本人観光客が訪れています。

「九份」と「千と千尋の神隠し」
映画製作前、宮崎駿は台湾の九份と阿妹茶酒館を訪れてスケッチをしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の中に見られる数多くの類似点
宮崎駿さんの「千と千尋の神隠し」のモデルになったという赤ちょうちんのある例の階段、千尋が湯屋に入る時に通るあの橋の手前の階段です。でも、映画の中のモデルは階段だけではないんです。たとえば、車が山に迷って入っていくところは、九份のお墓がある山だそうです。

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<湯婆婆の油屋> のモデル「阿妹茶酒館」
九份のあちこち寄り道をしながら,いよいよ「千と千尋の神隠し」の「湯婆婆の油屋」のモデルになったといわれる阿妹茶樓さんにやってきました。アーケード街(基山街)と海が見える階段(豎崎路)との交差点を少しくだったところにあります

 

 

 

 

 

 

 

カオナシのモデル?お面とオカリナ
九份に行けば、「カオナシのモデル」と言われるお面を見る事ができます。確かに千と千尋に出てくるカオナシに似てるよ

 

 

 

 

 

九份の屋台と夜景

 

 

 

 

 

 

 

 

(source: 台北ナビ、NAVER.JP、d.hatena.ne.jp、台灣自由行攻略、坂急交通社)