野柳

地理位置 
野柳風景特定区(やりゅう-ふうけいとくていく)は台湾の風景特定区。台湾最北端近くの新北市万里区(旧台北県万里郷)野柳村、野柳岬の付け根にある風化や海により浸食されてできた奇岩が並ぶところ。風景特区の指定を受け野柳地質公園として整備されている。

野柳地質公園

 

 

 

 

 

 

 

歷史
萬里郷は数百年前に大屯山の火山爆発により堆積した石が積み重なった地域です。長い歳月を経て、三面が山に囲まれ、一面が海に面した地形が形成されました。海岸のあちこちで、大海と火山が創り上げた奇岩景観を見ることができます。
野柳地質公園は萬里を訪れたら絶対に見逃せないスポットです。園内の到るところで海蝕風化の景観を眺められます。海洋地形が自然に見られるスポットで、大自然の奥深さを感じられます。

見どころ
野柳地質公園の入口から岬の端までの長さは、およそ1.7キロメートルです。幅は一番広い所でも300メートルしかありません。基金公路の野柳バス乗り場から岬の端までの距離は、およそ2.4キロメートルです。野柳地質公園の奇岩は世界奇観の一つとされています。海岸が延びている方向と地層及び構造線の方向は、ほぼ垂直状態となっています。その上、海水による侵食、岩石の風化、海と陸の相対的な運動、地殻の運動などの地質作用の影響で、珍しい地形が形成されました。

 

野柳地質公園はおおまかに三つのエリアに分かれています。第一のエリアはキノコ岩、生姜岩が主に集中する地域です。第一エリアではキノコ岩の発達過程が見られ、その他にも多くの生姜岩、節理、壺穴、溶蝕盤や、有名な燭台岩、アイスクリーム岩などもこの地域にあります。

第二エリアの地形は第一エリアと似ており、主にキノコ岩と生姜岩があります。その数は第一エリアより少ないのですが、有名なクィーンズヘッド、ドラゴンヘッド、キングコング岩はこのエリアにあります。第二エリアは海岸に近いので、四種類の特殊な岩石が見られ、それぞれに象岩、天女の靴、地球岩、ピーナッツ岩という名前が付いています。四つとも岩層の中でできた特別な形の固まりや結核で、海水による侵食の後に海岸に突き出ました。

 


 

 

 

 

 

 

第三エリアは野柳にもう一つ存在する海蝕台で、第二エリアより狭くなっています。海蝕台の片側は山の絶壁(ぜっぺき)に接し、もう一方は荒波と常に接する形になっています。ここでは多くの変わった岩が見られ、特別なものとしては二十四孝山、玉岩、マリンバードがありますが、3つとも特殊な形で固まった結核です。それに海水の侵食が加わって、天然の作品が現れました。第三エリアは奇岩怪石の自然景観であると同時に、野柳地質公園の中で重要な生態保護地域となっています。
尚、地質公園はほとんど海岸線に広がっており、危険ですので公園内のルールや各種警告標示、標示線に従ってください。濡れたり、波に巻き込まれたりする恐れがありますので、赤い線を越えないようご注意下さい。また、風化や破壊が進んでしまいますので、お手を触れぬようお願いいたします。

 

基本情報
ビジターセンター
旅行情報サービス/ツアーガイド/簡単な紹介/レストラン/絵はがきショップ/展示室/DIY教室/車イスおよびベビーカー貸し出し所/野柳研修センター/遺失物取扱所/医務室/ロッカー/授乳室/みやげ店/ガイドブック

営業時間
年中無休 毎日午前八時から午後五時まで <5月から8月 開放時間の延長に合わせ午後六時まで> 

入場料 
1.大人料金 80元
2.優待料金 40元 
     **-学生(台湾の学生、またはISICカード提示者のみ)
     **-子ども(6歳以上から12さい未満まで)
3.団体料金(30名以上)20%引き
4.優待入場: 障害者手帳をお持ちの方
6歳以下の年齢か115CM以下の身長の子ども
注意    自然環境の保護にご協力ください。禁煙/手をふれるな/登るな/サイクリング禁止/歩いて渡るな/遊泳禁止/釣り禁止/現地法令に違反する広告等の貼り付け禁止/ゴミを捨てないでください/植物を傷つけないでください/強風と高い波のため赤い警告線を越えないでください。

その他の情報:
トラベルセンターでは、観光情報を提供。飲料機、休息用椅子、介護看護室、ロッカー、無線LANなどを備えています。車椅子、ベビーカーは無料提供し、救急薬、赤ちゃんのおむつ、ベビーローションなどのサービスもあります。

 

(source: 台灣觀光局)