絕品美食

台湾料理は、台湾で食べられる中華料理のうち、主に福建料理をベースとして、台湾で発展した郷土料理である。

食材では新竹の米粉(ビーフン)、カキ、サバヒー、カラスミなどの海産物、メボウキ、エシャロット、オオタニワタリ、筍などの野菜、また料理では台南の担仔麺、意麺などが著名である。
 
特徵
台湾は四方を海で囲まれており、また国内中央部に3千メートル級の山々が南北に縦走しているなど、比較的小さな地域であるにも拘わらず、国内に多様な地形や豊かな自然条件が揃っていることでも知られており、豊かな海の幸、山の幸など多くの食材に恵まれている。台湾料理は福建料理をベースに、これら台湾で採れる豊かな食材を取り入れ、郷土料理として独自に発展してきたものである。
その特徴として、まず、油を多用する他の地方の中華料理と異なり、比較的淡白で素朴かつ繊細な味付けの料理が多く、塩気も全体に抑え気味である点を挙げることができる。また、客家料理や日本料理からの影響も受けていることから、醤油、鰹節、シイタケを基調とした味付けや、乾物や塩漬けをよく使うといった点も指摘されている。一方で、油で揚げたエシャロット、ニンニク、メボウキ、コリアンダーなどといった、香りの強い薬味も好んで加えられる。日本料理のルーツを持つことから、日本人は他の国に比べて食事で困るという事は比較的少なく、中には「美味しい」という日本人も多い。その為か、あまり日本で台湾料理店は少ない。
 
歷史
台湾では元々の郷土料理に厦門、泉州、漳州に由来する福建料理が混ざったものが伝統的に作られており(例えば料理に芋粥が添えられる点を福建系の人々の食習慣の反映として指摘している資料がある)、一般にはこれらの様式の料理を指して「台湾料理(台菜)」と呼ぶ場合が多い。
また、福建省出身の開拓民と同時期に台湾に渡ってきた、広東省東北部出身の客家の料理も今日の台湾料理根底の一部をなしていること、さらには戦後国民党軍が中国大陸各地から兵士などと共に一流のコックを連れて渡ってきたことでも知られており、香港などと並び、大陸のものよりさらに洗練された形での中国各地の料理を楽しむことができると言われている。
さらに、日本統治時代に日本料理の影響を強く受けたこともあり、現在でもおでん(「黑輪」、「和田」、「關東煮」)や天ぷら(「天婦羅」、「甜不辣」)、刺身(「沙西米」、「生魚片」)、寿司、味噌汁(味噌湯)、カレーライス(咖哩飯)、日本酒などのメニューが残っている。台湾の寿司は「壽司」と表記され、握り寿司のほかに稲荷寿司(豆皮壽司)や太巻きが一般的で、酢飯の酢は薄めになっている。また、家庭で稲荷寿司が作られることもあった。
 
主な料理
台湾料理のうち、比較的ポピュラーなメニューの例としては、以下のようなものがある。
 

 » Read more about: 絕品美食  »

十分瀑布

平渓線沿線の最大の観光スポットで、台湾最大の滝─十分瀑布。%e5%8d%81%e5%88%86%e7%80%91%e5%b8%83_1「台湾のナイアガラ」と言われるほど美しく、落差のあまりない横へ半円状に広がった滝はまさにナイアガラを彷彿させるダイナミックさがあります。水流に逆らったように形成された断層が激しい水飛沫がを生み出し、日差しを受けて虹の様に輝いている様子は壮観です。

 

 

%e5%8d%81%e5%88%86%e7%80%91%e5%b8%83_21992年に観光鉄道路線として運行されるようになった平渓線。1918年に炭坑として再建設され、後に廃止された採掘跡や鉄道の線路が残り、炭鉱時代の面影を残す十分。町の真ん中を走る線路の両脇には民家や商店が並び、昔ながらの風景を楽しめます。山に囲まれた素朴な街の風景に心和んだ後、十分里と南山里をつなぐ全長128メートルのつり橋を渡れば、そこはもう十分瀑布で迫力満点の大自然を体感できます。実はここ、数々のプローモーションビデオやコマーシャル、ドラマのロケ地としても使われている人気の場所でもあるのですよ。鉄道ファンならずとも、ノスタルジックな台湾鉄道の旅を一度は味わってみてはいかがでしょう。

(Source:交通部觀光局)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 » Read more about: 十分瀑布  »

紅毛城

十七世紀初め、台湾に目をつけたスペイン人が淡水に侵入し、%e7%b4%85%e6%af%9b%e5%9f%8e淡水河口の丘の上に、サントドミンゴ城を建設しました。スペイン人を撃退したオランダ人は、その城跡により堅固な城砦を築いました。当時の台湾住民は西洋人を紅毛と称したことから紅毛城と呼ばれました。オランダ時代の紅毛城は光彩を放ちましたが、明代に至ると淡水は流刑地となり、紅毛城は廃棄されました。清大初期、台湾は正式に清朝の版図に入り、紅毛城は再度淡水河口の防衛基地となります。清末、イギリスやフランスとの戦いに敗れて、淡水は開港され、英国人が紅毛城を英国領事館として使用するようになりました。主城東側に領事官邸が建てられ、紅毛城は各国人士交流の場となります。紅毛城はもともと灰色の建築でしたが、英国人によって赤色に染められます。紅毛城の「紅」はもともと建物の色とは関係がないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

二次大戦が始まると、日本に支配されていた台湾の英国領事館は閉鎖されます。戦後英国人は紅毛城に戻り、利用は中英断交まで続きます。その後、オーストラリアや米国に管理されましたが、最終的に1980年正式に中華民国の所有に帰しました。この四百年にわたる台湾と世界の交流史を紅毛城は見てきたのです。まるで、舞台劇の一幕を見るようです。

東側の領事館は英国領事が招聘した英国人建築師が設計しました。赤レンガは福建廈門から運び込まれたといいます。領事官邸一階西側は客間と書斎、東側は食堂およびキッチン、後側はランドリーと使用人の居室でした。二階には三つの寝室と倉庫がありました。一階から二階へは大きな階段があり、天井のシャンデリアが往時をしのばせます。当時園内にはバラの花が咲き乱れ、官邸の回廊はアフタヌーンティのサロンとなっていました。官邸内の客間と食堂および寝室には暖炉があり、英国建築の風格をとどめています。

(Source:交通部觀光局)
 

 » Read more about: 紅毛城  »