算命街

占いは?
占いとはどれくらい古くにさかのぼるのでしょうか。中国では4,000年以上昔に亀の甲羅占いが行われていたそうです。きっと、そのころの人たちも今の私たちと同じで、未来が見えない不安の中、その日一日の平穏とこれからの日々の明るいことを祈りつつ、神様のお告げを聞こうとしていたのでしょう。
亀占いから始まった占いは、その後いろいろな形で発展します。中国の占いの伝統が最もよく根付いているといわれる現在の台湾では、四柱推命、紫微斗数、手相人相、卜掛、風水を代表とした数10種もの占術が盛ん。台湾の人たちは商売事業、学問、結婚、出産、引越しなど大きな節目を迎えるときに、それが吉と出るか凶とでるか、専門の占い師さんに運勢を伺うそうです。
占いと言えば、迷信とか不可思議なものといったイメージを持ちがちですが、台湾では人々の生活慣習の一部といってもいいほどに身近な存在なんです。

メジャーな種:

1.    八字占い(四柱推命)
八つの要素を基に占うので、八字占い。その人が誕生した年・月・日・時を4つの柱とするため、四柱推命とも呼ばれていますね。この4柱それぞれにつき、「干と支」で表されるデータがあります。誕生年の干は?支は?誕生月の干は?支は?といった具合。干は天干とも呼ばれ、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種。支または地支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12個。例えば2000年の干支は丙戌。これと生年月日を基に、8つの要素を導いて、その人の性格、相性、結婚・仕事・金銭・健康・子宝運、年ごとの運勢さらに一生の運勢を占います。

 

2.    紫微斗数(しび-とすう)
宋朝(西暦420~479年)から発展した占術。基本となるのは八字占いでおなじみの八字。さらに、命盤というボードを使い、12種類の命宮の位置を八字の結果に組み合わせて占います。この命宮には全部で108個の星がありますが、その中心にあるのが、紫微星。そのために、紫微斗数と呼ばれるんですよ。この方法では、八字占いよりも、もっと生活に密着した具体的な運勢を知ることができます。例えば、いつどんな事件に巻き込まれるとか、未来の夫はどういう顔をしているとか、周囲にどんな人物が現れるか、といった詳しい内容。ますます複雑になる社会に生きる私たちには、是非知っておきたい占いですね

 

3.    米掛(米粒占い)
米粒占いは占ってもらう人が米粒をつまんだ数で運勢を見る占術。占える範囲も多岐に及んでいて、事業・住居・愛情・結婚・旅行・病気・出産運などまで分かるそう。占うときにはまず、紙に名前、生年月日、誕生した時間を記入。そして、お祈りを捧げながら碗の中から好きな数だけ米粒をつまみ出して、皿に入れます。この動作を3回繰り返し、あなたの取り出した米粒の数と、その組み合わせによって占います。例えば、1回目10個、2回目9個、3回目11個だと、恋愛運は?といった具合

 

 » Read more about: 算命街  »