TAIPEI 101

 

地理位置  

台北101(タイペイいちまるいち、中国語: 臺北101)は、地上101階、高さ509.2m、地下5階からなる超高層ビル。7年の工期を経て、2004年には世界一の高さを誇った。施工は熊谷組を中心におこなわれ、ビル内で使用されているエレベーターは

東芝エレベーター、こちらは世界最速としてギネスブックに認定されこともある。

Taipei 101

 

 

 

 

 

 

 

 

歷史

2004年12月31日、エントランスでオープンを祝う式典が催され、陳水扁中華民国総統も出席してのテープカットが行われた。また、2005年12月31日の大晦日にはこのビルのある市政府で、カウントダウンイベントが行われ、台北101から電飾と共に2分強の間、「節」などから大量の花火が打ち上げられた。

毎年5月(開催当初は6月)には、このビルの1階から展望デッキのある91階までの2046段の階段を駆け上がる「台北101國際登高賽」レースが開催されている。

 

見どころ

展望台へのアクセス

入口は建築物主体の隣のショッピングモールの五階にある。

  • 営業時間:(月~日)10:00~22:00、但し、最後入場時間は21:15。

  • 旧正月前後や長期休暇期間は、営業時間が変更となる場合がある。

  • バッグパックは展覧台に持ち込めないため、五階のロッカーに預ける

 

ショッピングモール

台北101ショッピングモール」は、とにかく各国の有名ブランド店がハンパない!台湾で世界の高級ブランドをチェックしたいのなら、ココに来るのが一番!しかし、それだけではなく、街で見かけるカジュアルブランドも多く入店。しかもひとつひとつの店舗が広いのでゆったりと見て回れるのも◎。ゆっくりと時間の許す限りショッピングが楽しめますよ!
 

エレベーター

エレベーターは東芝エレベーター製で、毎分1,010メートル(時速60.6キロメートル)の速さで上昇できる。この速度はそれまで横浜ランドマークタワーのエレベーターが持っていた記録を更新、2004年、世界最速としてギネスブックに認定された。このギネスブック認定証は89階エレベーターホールに飾られている。 下降は毎分600メートル(時速36.0キロメートル、サンシャイン60ビル・東京スカイツリーのエレベーターと同じ速度。)である。地上1階から展望台のある89階(地上382.2メートル)まで、39秒で到達する。

エレベーター内の両サイドにディスプレーがあり、上昇時、下降時共に、階層(楼層)、高さ(高度)、分速(速度)、37秒からのカウントダウンタイマー(計時器)がリアルタイムに表示される。またエレベーター作動と同時に、天井には星空が現れ、音楽が流れだし、エレベーターガールのアナウンスと共に別世界へといざなわれる。エレベーターに小銭を縦においても倒れない程の上がり方で、世界で反響を呼んだ。

制振構造
このレベルの超高層建造物では、地震よりも風圧による振動の方が遥かに考慮すべき制振対策となる。特に台湾は大型台風が頻繁に直撃する気候のため、暴風対策には非常に力をいれた設計になっている。
87階 – 92階の中央部の吹き抜け空間には、風による振動を緩和する目的だけのために、巨大なTMD(チューンドマスダンパー)が設置されている。マスダンパー全体の重量は660トン、最大一枚あたり直径5.5メートル、厚さ12.5センチメートルの輪切りの鋼板を、41層を重ね溶接して球状にし、92階から長さ42メートル、4本ごとに束ねられている太さ直径9センチメートルのケーブル計16本で吊っている。そしてこのマスダンパーの効果で、理論上は風力による振動を最大40%抑制できる。

 (source: wiki&台北ナビ)